企業理念 「人の幸せに貢献することが私たちの使命です」
私たちは、人材サービスや教育事業を通して、理念を体現します。

お仕事検索

メールからのお問合わせ

0479-30-4080

成長のサイン

2019/11/15

カテゴリー:

人材育成の種

日々の仕事で忙殺される中、ふとした時にメンバーの成長を感じることも多いかと思いますが、皆さんはメンバーの成長サインをどこで感じていらっしゃいますか?スキルや具体的な成果物であれば、以前できなかったものができるようになることで成長を感じられ、成果物以外であれば、目に見える行動面の変化を感じられた時が嬉しい瞬間ではないでしょうか。このように、スキルや行動の変化には成長を感じやすいものですが、それ以前の小さな成長のサインに気付けたら、メンバーの成長過程をもっと楽しく見守ることができるのではないでしょうか。

 

成長の第一段階として、仕事に対する意識が変わった段階で、使う言葉が変わります。例えば、語弊の無いよう咀嚼するようになったり、自身が発する言葉の責任や影響に配慮してネガな言葉が減少したり、言葉尻にも注意するようになります。まず使う言葉が変わり、その次に行動が変わり、行動が変わると自然と成果に繋がります。行動の変化によって、成果に繋がるのは想像しやすいと思いますが、言葉が変わっても行動の変化まで至らないケースが多いと感じるのも、育成あるあるではないでしょうか?

これは、言葉が変わることでコミュニケーションがスムーズになることや、視点の変化から来る満足感なども手伝って、成長が鈍化しやすいのが原因です。そこで、私たちが行動以前で止まっている言葉の変化を察知し、更に助長していくことで、行動レベルの成長にまで後押ししていくことが大切になります。

 

個人的には、メンバーから仕事に対しての疑問や解決法について考え悩む姿だったり、逆に会社や仲間へのロイヤリティを感じさせるような言葉が出てくるようになると、もう楽しみでなりません。

私たちもそうですが、メンバー自身では使う言葉が変わったことにはなかなか気付けないものです。まずは、そうした小さな成長を本人に伝えてみては如何でしょうか。(代表取締役 高橋智仁)

お仕事の検索はこちらから

お仕事検索

TOP ▲